【あなたはどう思いますか】一度は自白するも無罪となった青木恵子。判決文や受刑者の支援サイトなどからも有罪は間違いないとの声も

国内ニュース

1995年に小学6年生の自身の子供を放火で殺したとして死刑判決が出ていた青木恵子。

しかし、その死刑判決が2016年8月10日、無罪となったのだ。

当時の事件の内容から今までを一気に振り返ってみる。

 

 

東住吉事件はどんな事件だったのか

事件は1995年の大阪市東住吉区で起きた。

住宅火災があり、当時11才だった小学6年生の青木めぐみさんがその火災で焼死した

めぐみさんの写真はこちらである。

スクリーンショット 2016-08-10 11.33.12

しかし、その住宅火災は自然に起きてしまった火事ではなく、故意に起きた放火による殺人事件ではないかという疑いが強まった。

疑われたのは青木めぐみさんの母親である青木恵子。

現在は52歳で、当時は31歳である。

なぜ疑われたのかというと、2人の同居人であった朴龍晧(ぼく・たつひろ)49歳、当時28歳の男性が、みずからがやったというように自白したからである。

そして、青木恵子も同じように自白をし、この住宅火災は事故ではなく、事件であるというように裁判で扱われた。

その後、母親の青木恵子も、同居人の朴龍晧も、無期懲役刑となり、ここから約20年間のあいだ牢獄に入ることになる。

 

この事件は当時、このようにまとめられた。

・青木恵子は小学生の娘に保険金をかけた

・朴龍晧は娘を強姦したあとに放火殺害した

2人は協力関係にあり、青木恵子はお金のため、そして朴龍晧は自身の強姦という罪を隠すためだという結論に至った。

 

さて、ここで事件を表形式で振り返ってみよう。

1995年7月22日 住宅で火災が起きる
1995年9月 2人とも逮捕されるが、翌日から容疑を否認。
1999年 朴龍晧が自白し、大阪地裁はそれを根拠に無期懲役を言い渡す。
2006年 最高裁判所で無期懲役が確定。
2009年 青木恵子と朴龍晧は再審を要求した。
2012年 捜査方法が不自然だという理由で再審開始。
2016年 再審の結果、無罪が確定。

このような流れがある。
 

↓↓当時の2人の写真はこちら↓↓